大師寺 お知らせ

ご祈祷・ご供養についてご相談下さい。

当山にては、菩提寺が無くてお悩みの方、菩提寺が遠くて先祖供養が出来ないという方ご相談下さい。皆様方のご先祖様や故人のご冥福をお祈り致します。 また、ご葬儀・法事・先祖供養・水子供養・月参り・春秋彼岸、お盆参り・悩み事・開運厄除祈祷等ご相談承ります。

TEL 0749-22-7304

※当寺では壇家さんへのお参りなどでやむを得ず留守にする事があります。
ご祈祷やご供養・悩み事相談を申し込まれる方は、事前に予約をお願いします。
まずはお電話ください。

お知らせ

大師寺 からのお知らせ

2020年05月21日

春と修羅

春と修羅(mental sketch modified)・・・・・・・・宮沢 賢治

心象のはひいろはがねから あけびのつるはくもにからまり

のばらのやぶや腐植の濕地 いちめんのいちめんの諂曲模様

(正午の管樂よりもしげく琥珀のかけらがそそぐとき)

いかりのにがさまた青さ 四月の気層のひかりの底を

唾し はぎしりゆききする おれはひとりの修羅なのだ

(風景はなみだにゆすれ)

砕ける雲の眼路をかぎり  れいらうの天の海には

聖玻璃の風が行き交い    ZYPRESSEN 春のいちれつ

くろぐろと光素(エーテル)を吸へば

その暗い脚並からは       天山の雪の稜さへひかるのに

(かげろふの波と白い偏光)

まことのことばはうしなはれ      雲はちぎれてそらをとぶ

ああかがやきの四月の底を    はぎしり燃えてゆききする

おれはひとりの修羅なのだ

(玉髄の雲がながれて どこで啼くその春の鳥)

日輪青くかげろへば  修羅は樹林に交響し

陥りくらむ天の椀から    黒い魯木の群落が延び

その枝はかなしくしげり    すべて二重の風景を

喪神の森の梢から  ひらめいてとびたつからす

(気層いよいよすみわたり    ひのきもしんと天に立つころ)

草地の黄金をすぎてくるもの ことなくひとのかたちのもの

けらをまとひおれを見るその農夫 ほんたうにおれが見えるのか

まばゆい気圏の海の底に  (かなしみは青々ふかく)

ZYPRESSEN しずかにゆすれ 鳥はまた青ぞらを截る

(まことのことばはここになく   修羅のなみだはつちにふる)

あたらしくそらに息つけば ほの白く肺はちぢまり

(このからだそらのみぢんにちらばれ)

いてふのこずえまたひかり ZYPRESSEN いよいよ黒く

雲の火ばなは降りそそぐ

春と修羅(mental sketch modified)・・・・・・・・宮沢 賢治

心象のはひいろはがねから あけびのつるはくもにからまり

のばらのやぶや腐植の濕地 いちめんのいちめんの諂曲模様

(正午の管樂よりもしげく琥珀のかけらがそそぐとき)

いかりのにがさまた青さ 四月の気層のひかりの底を

唾し はぎしりゆききする おれはひとりの修羅なのだ

(風景はなみだにゆすれ)

砕ける雲の眼路をかぎり  れいらうの天の海には

聖玻璃の風が行き交い    ZYPRESSEN 春のいちれつ

くろぐろと光素(エーテル)を吸へば

その暗い脚並からは       天山の雪の稜さへひかるのに

(かげろふの波と白い偏光)

まことのことばはうしなはれ      雲はちぎれてそらをとぶ

ああかがやきの四月の底を    はぎしり燃えてゆききする

おれはひとりの修羅なのだ

(玉髄の雲がながれて どこで啼くその春の鳥)

日輪青くかげろへば  修羅は樹林に交響し

陥りくらむ天の椀から    黒い魯木の群落が延び

その枝はかなしくしげり    すべて二重の風景を

喪神の森の梢から  ひらめいてとびたつからす

(気層いよいよすみわたり    ひのきもしんと天に立つころ)

草地の黄金をすぎてくるもの ことなくひとのかたちのもの

けらをまとひおれを見るその農夫 ほんたうにおれが見えるのか

まばゆい気圏の海の底に  (かなしみは青々ふかく)

ZYPRESSEN しずかにゆすれ 鳥はまた青ぞらを截る

(まことのことばはここになく   修羅のなみだはつちにふる)

あたらしくそらに息つけば ほの白く肺はちぢまり

(このからだそらのみぢんにちらばれ)

いてふのこずえまたひかり ZYPRESSEN いよいよ黒く

雲の火ばなは降りそそぐ